名言・語録・格言

このサイトは人類の叡智の結集である。 知りたい人の名言・語録があれば検索ボックスに人名を入れて下さい。名言・語録は231冊の本や社史、雑誌などから抽出したもので、出典元は最後に記しております。出典元のはっきりしない名言・語録は記載しておりません【156名 1561件の名言・語録を収録(2019年9月1日現在)】

五島慶太

五島慶太 名言・語録6

(東急王国創業者)

 

 

「孤独な者はもっとも強い」

 

 

「予算を軽視して、どうして満足すべき決算が得られようか」

 

 

「三昧ということが、女でも、碁、将棋、スポーツなんでもよい。三昧になる――すなわち『空』になるということが必要である」

 

 

「人の成功と失敗のわかれめは、第一に健康である。次には熱と誠である。体力があって熱と誠があればかならず成功する」

 

 

「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという信念が必要だということである。それには信仰で人間の意志というものを絶えず鍛錬していく必要がある。事業で成功するにしても、利殖するにも、不可欠なものは信念である」

 

 

「昭和初頭、財界不況に遭遇した時に、私はしばしば自殺を考えるに至るほどの苦しさを経験した。松の枝がみな首つり用に見えて仕方がなかった。しかし今にして思えば、すべては信念と忍耐力の問題であった」

 

 

【出典一覧】

私の履歴書(経済人1)』

『人生の極意、経営の勘どころ』青野豊作

『成功の知恵 道をひらく名言・名句』江口克彦(編)

  

 

【感想・論評・補足】

五島慶太は波瀾万丈の人生であったが、最後の最後まで『誰にも負けない信念』を実践し続けた人生だったといえよう

 

 

経歴(プロフィール)

五島慶太(ごとう・けいた)

1882年~1959年】日本の実業家。東急グループ創業者。長野県生まれ。東京帝国大学卒業