名言・語録・格言

このサイトは人類の叡智の結集である。 知りたい人の名言・語録があれば検索ボックスに人名を入れて下さい。名言・語録は317冊の本や社史、雑誌などから抽出したもので、出典元は最後に記しております。出典元のはっきりしない名言・語録は記載しておりません【231名 2004件の名言・語録を収録(2020年9月8日現在)】

小林光一

小林光一の名言・語録4件
(名誉棋聖
 
 

「プロ入りを決めた時の喜びは今も忘れられない」
 
 

「中国起源といわれる囲碁の伝来は7世紀ごろ。徳川家康が将棋とともに家元制度を導入し、事実上プロ化したことで、レベルが向上」
 
 

「一人で棋譜並べをするのもいいが、いろいろな人の意見を聞くのは楽しいし、何より勉強になる」
 
 

「与謝野先生はとても堂々とした囲碁で上達も早かった。アマ7段くらいで、おそらく政界で一番強かったと思う」
【注釈】与謝野先生は文部大臣、財務大臣などを歴任した与謝野馨のこと
 
 

【出典】
私の履歴書日経新聞2020年6月)』
 
 

【感想・論評・補足】
政界で一番囲碁が強かったのが与謝野馨としたら、将棋が一番強かったのは久間章生防衛庁長官、初代防衛大臣などを歴任)であろう。久間は高輪の議員宿舎でもよく将棋を指していた
 
 

経歴(プロフィール)
小林光一(こばやし・こういち)
囲碁のプロ棋士。名誉棋聖、名誉名人、名誉碁聖。木谷實九段門下。1952年9月10日生まれ。北海道旭川市出身。義父は木谷實九段、木谷道場主宰。妻は小林禮子女流名人。娘は小林泉美女流二冠。婿は張栩五冠